漢(おとこ)の子育て・料理

妻に見放された男が料理や子育て、買い物等についてゆるりゆるりと綴っていきます〜

コロナ陽性?陰性?自宅でAbbottの抗原検査キット鼻腔ぬぐい液用を使ってみた。

仕事がやっとひと段落。

年末の繁忙期まで束の間の個人的閑散期にこんばんは、ジョータです。

 

今日はタイトルの通り、自宅で行った抗原検査キットの使用感等について。

 

今更感があるかもしれないけど、世間で抗原検査抗原検査としばしば耳にするようになった一方で、自分(と家族)は幸いにもこのコロナ禍、高熱を発症することがなかった。そのため、コロナがどこか他人事だった。

 

しかし、遂に先日、妻が39度台の高熱を発症!

その時の自宅での検査キット使用から医療機関での検査等までの経過を綴っていこうと思う。

 

1、高熱の発症

「ちょっと熱っぽい」と妻の自覚症状が出たのは、病院が営業していない土曜深夜

その後、熱が上がりに上がり、その夜中に叩き出した数値は39.5度!

これはもうコロナかインフルだと覚悟をした。

とりあえずその日は水分をとって安静にして経過を見守ることにした。

 

2、抗原検査キットはどこで買う?

そして翌朝、日曜日

高熱で大変ではあったけど、救急に駆け込むというような状況でもなく、日曜日で病院はやっていないので、よく世間で言われている抗原検査キットでコロナの検査をしてみることにした。

どこで買えるのかネットで調べてみたところ、特別な場所ではなくマツキヨやセイムス等の普通のドラッグストアで売っているようだ。

でもここで注意!結果としていくつかのドラッグストアを回ることになってしまった。

理由は日曜日で「薬剤師が不在」

抗原検査キットは処方箋不要で買えるけど、薬剤師が内容を説明することが必須となっているらしい。

最初に行ったマツキヨでは「日曜日で薬剤師が今日は出勤してませんでして・・・」と、在庫はあるのに購入することができなかった。

万一の場合に備えて、ちゃんと自宅に抗原検査キットを買って置いておくべきなんだなと反省した。

 

3、抗原検査キットの種類

難しいことは分からないが、抗原検査キットには種類があるようだ。

最終的にキットを買うことができたドラッグストアでは、いくつかの検査キットを提案された。その中からどれを買うか選ぶことができたが、専門知識のない自分は「どれが一番売れてますか?」と質問して、一番の売れ筋のものを買うことにした。

それがこちら

抗原検査キット

「Abbott」と記載があるが、アボット ダイアグノスティクス メディカル社(長い!)の検査キット

 

検査キットには、鼻に綿棒みたいなのを突っ込むのと、唾液で検査するものがあるみたいだけど、このアボット社のは前者、つまり鼻に綿棒突っ込むタイプ

 

価格は1500円くらい

 

これが売れてるものとのことだったが、後で調べてみると唾液用のは2千円くらいとやや高いみたい。単純に安いから売れているのか。

まあ結果として、安い方の鼻突っ込み検査キットでも、難しくもなく普通に検査できたのでこれで問題なし。

 

4、検査キットの使い方

箱の中には説明書と長〜い綿棒みたいなのと検査キットが入っている。

箱の中身

要は綿棒を鼻に突っ込み、溶液につけて、検査キットに溶液を垂らして、少し待って表示を見るのみ。

 

ちゃんと検査できるのか不安だったけど(しっかり検体(?)が採取できているか)、失敗なら失敗の表示も出るとのことでここは安心

 

5、検査結果

・・・・なんと陰性

翌日病院に行って行ったPCR検査も陰性

インフルでもなく、ただの風邪?

 

同居家族でもコロナ陽性になると、自分の勤務先的には結構大ごとなので、まあ良かった。

 

妻も初めての経験で、不安そうだったので陰性でホッとした。

 

数日安静にしたら熱も下がり、体調も回復という感じだった。

 

6、まとめ

そんなこんなで、自宅でのコロナ抗原検査キット使用の感想等について綴ってみたが、なんだかんだで大変だった。

この経験以降、一応、自宅にコロナ検査キットを置いておくようにしているが、これからも手指のアルコール消毒等は徹底して、コロナやインフルにできるだけかからないようにしようなんて思ったところで、今日の雑記ブログ終わり。

 

小1男子と図書館(カード作りには保険証を忘れずに!)

 

先日我が子ワガママボーイと図書館に行ってきた。

 

いつもは図書館にある本をその場で読んでくるだけだったけど、今日ふと「ワガママボーイの図書館カードを作ろう」と思い立った。

 

なぜか今までそれに思い至らなかった。

 

小学生でも本って当然借りられるから、カード作れるじゃん!

 

・・・?うん?身分証とかないけど、作れる・・・よね?

 

もう作ってる人には当然のこの疑問だけど、ビクビクしながら図書館のカウンターにボーイと二人で行って聞いてみた。

 

自分「・・・あのう、小学1年のこの子もカードって作れますよね?」

 

図書館の人「作れますよ〜、身分証でお名前とか確認させていただきますね」

 

自分「!やっぱそうですか〜、マイナンバーカード作って出直してきます・・・」

 

図書館の人「??保険証でいいですよ」

 

!!!

 

大人で免許持ってる人は身分証といえば運転免許証(またはマイナンバーカード)という固定観念がある。

 

そんな固定観念のせいで保険証が身分証になることを忘れてた。

 

でも、今日は当然子供の保険証は持ち歩いていない。

 

そんなこんなで、後日出直すことにはなったが、無事子供の図書館カードを作ることができた。

 

今日の結論、タイトルの通り

「小学生の図書館カード作りには保険証持参を忘れずに!」

 

 

子供の写真の共有・保存は「みてね」が便利!

スマホで撮った大量の写真

 

皆さん保存はどうされてますか?

 

小1男子の我が子ワガママボーイの写真もスマホ内にもう数千枚

 

妻は妻で良い写真を撮りまくる。

 

遠方に住む両親にも見せたい!

 

そんな時に便利なアプリがこれ!

 

「みてね」

https://mitene.us(←リンクはこちら)

 

アプリストアへのリンクの貼り付け方が分からないような、ITリテラシー・ブログ初心者の自分でも簡単に操作できるこのアプリ

 

以下このアプリの良いところをご紹介

 

 

 

1、家族間での共有が簡単

アプリをダウンロードして、家族(妻や両親)を招待!

招待されて家族として登録されたみんなが、それぞれにアップロードした写真全部を見られるようになる!

妻が自分のスマホで撮ったベストショットのメール共有をお願いしなくても、お互いが随時適当に「みてね」にアップしとくようにしておけば、夫婦二人の撮ったベストショットを遠方に住む両親等にも気軽に共有可能。

 

2、写真の無料プリント

送料は250円ほどかかるけど、毎月8枚まで無料で写真プリントができる!

スマホで見るのもいいけど、ベストショットはやっぱり手元でリアルの写真にして置いておきたいという我々昭和生まれの心もこれでワシづかみ。

 

3、フォトブック作成

こちらは有料。

でも500〜600円というお手頃価格で23枚の写真を超いい感じのコンパクトサイズフォトブックにできる!

23枚と枚数は少ないからこそ、その厳選作業も熱い。

しかし、厳選されたその写真で構成されたフォトブックの仕上がりはどれも筆舌にはしがたい素晴らしさ。

ハードカバー版とか豪勢ななものはお値段がもう少しはるので、個人的にはやったことがないけど、お金が有り余ってるブルジョワな皆さまはそちらもどうぞ!

 

4、その他

その他にも年賀状とかDVDとか色んなものにできるみたい。

自分は使ったことないからここには紹介しないけど、便利な人には便利そう。

 

以上、今日は便利アプリの紹介でしたー

 

 

 

中学生男子とカンチョー

今日のブログは低俗な子供の遊びカンチョーについて。

 

そういうのに興味がない人は、そっとブラウザの戻るボタンをお願いします。

 

カンチョー

 

先日テレビを見てたら芸人がカンチョーの話で盛り上がっていた。

 

今の子はカンチョーとか乱暴な遊びを知ってるんかなと思って、小1の我が子ワガママボーイに聞いてみた

 

カンチョーって攻撃知ってる?

「?カンチョウ?知らない。・・・偉い人?」

館長なら分かるみたいだけど、カンチョーは分からないようだ。

後述する通り、こんな危険な遊び知らなくていい、なのにおそらくその内、学校で流行ってしまう。

何とも恐ろしい日本の文化(?)

 

1、カンチョーとは

上のイラストのとおり、両手を組んで人差し指だけを出す。

そしてその構えのまま、油断している友達の背後ににじりより…

えいやっとターゲットのお尻に突き刺す!

我々おっさん世代では小中学校の主に男子で定期的に流行る攻撃的な遊び。

 

 

2、小学生と中学生のレベルの違い

両者の違いはその強さ。

小学生のカンチョーと中学生のカンチョーでは強さのレベルが段違い。

小学生のカンチョーは

刺す方:「えいっ!カンチョー」ぷすっ

刺された方:「わー!もう何するんだよ♫びっくりしたなーアハハハハ!」

これで終わり。

 

しかし、中学生ともなると話は違ってくる

刺す方はそろりそろりと、まるで夕闇のようにさりげなくにじりより、

別の友達と談笑する刺される方の背後に、その構えを保ったまま腰を落とす。

そこで周りの友達も教えてくれればいいのに、みな表情を変えないという意味では敵になる。

刺す方は、タイミングと力が最高潮に達した瞬間に

「ふんぬっ!!」と指をターゲットのお尻に突き上げる

「!!??おぐっ#$%*!!」

ターゲットは声にもならない声をあげてその場に崩れ落ちる。

 

もはや中学生のカンチョーは凶器と言っても過言ではない。

そんな違いがある。

 

 

3、カンチョーの防ぎ方

我々の中学校には、「こいつのカンチョーだけはくらったらいけない」悪名高いF君という男子がいた。

彼のカンチョーが効かなかった男がいる。

丸坊主で痩せ型、けど背が高い彼は当時ダルシム(注)とも呼ばれていた。

(注)当時大人気の格闘ゲーム、スト2のキャラクター

 

ある時F君が、ダルシムの背後ににじり寄った。

そしていつものごとく、

「ふんぬっ!」とカンチョーを繰り出したとき、

くらったダルシムは崩れ落ちるどころか、よゆうの笑みで彼を振り返り、見下ろしたままF君に言い放った。

「俺のケツ筋なめんなよ!」

突き指のような感じの痛みでで、逆にその場に崩れ落ちるF君。

 

ケツ筋?を鍛えるとカンチョーが効かなくなる?

当時アサシンのように周りから恐れられていたF君の敗北、そしてダルシムのヒーロー化。

 

懐かしい思い出だ。

 

 

4、まとめ

カンチョーは危険だ。

する方も、される方も。

流行り出したら親が止めよう。

 

あ、あとこういう系の遊びで言うと、

「いもっ!!」と叫びながら、無意味に太ももに膝蹴りをくらわせて逃げていくという、これまた謎な遊びも中学生の頃に流行っていた。

ほんと中学生男子の頭の中は、大人になった今やアドベンチャーすぎて分からない。

 

そんなこんなで、今日は意味の分からん感じの子育て雑記、おわり。

 

 

 

 

小1男子の愛読書

雨で憂鬱。

 

この雨が明けたらまた少し冬に近づくんだなーと感じる季節の変わり目の夜にこんばんは、ジョータです。

 

今日小1男子、我が子ワガママボーイの愛読書について。

 

基本テレビとゲームとYouTubeが大好きで、時間制限を設けてはいるけど画面に張りつきっぱなしの彼

 

活字好きなおかげか、何だかんだで父は勉強はできた方。

 

父としては本に触れてほしいとの思いから、よく本屋に一緒に行く。

 

そんなこんなで漫画も混じるけど、好きになってくれた本は三選は次のとおり。

 

第3位、かいけつゾロリシリーズ

まずは小学生定番のゾロリ

擬人化されたキツネとイノシシが旅して色んなハプニングに出会って解決していくこのシリーズ

全体的に超悪役もおらず平和。

字のフォントも大きく、半分絵みたいな本なので非常に読みやすい。

2000年代には社会現象になるほど子供に人気だったとかだが、今も人気は健在でワガママボーイの友達もみんな呼んでる。

活字本の入りはこれで良いと思われる。

 

 

 

第2位、銭天堂シリーズ

続いては銭天道

ドラえもんの道具的な色々な効果をもたらす駄菓子が買える駄菓子屋「銭天堂」

訪れたお客さんが買った道具で色々なハプニングに巻き込まれるのは、さながら「世にも奇妙な物語

もっと似てるので言うと我々親世代、特に男が分かるのは週刊少年ジャンプで連載されてたアウターゾーン

あのミザリーさんが駄菓子屋のおばさんになったようなストーリーと言えば分かる人には分かるはす、

この本は字が多めで、小1ワガママボーイは苦戦してる。

かなりの頻度で「読んで」と途中で渡してくる。

一人で読めるようになったら、早くて楽しいのに。

頑張れボーイ。

 

 

第1位、コロコロコミック

映えある第一位はなんと

コロコロコミック

愛読書とか言いつつ、一位がまさかの漫画という驚きの結果

けど、本屋でコロコロ最新刊を見かけた時の彼のテンション上がりっぷりを思い起こすと致し方ない。

しかし、コロコロコミックの息の長さよ。

今のコロコロでやってる「スーパーマリオくん」って実家に同じようなののコミックスあったはず!と思って先日実家帰った時に漁ってみたら

やっぱりあった!

約30年前のコミックス!

 

でも今のコロコロのスーパーマリオくんと作者が違う…

後継者が連載!?

 

どちらかというとコミックボンボン派だった父なので、これ以上の追及はやめておいた。

 

まあ、漫画でもいいや、文字や絵に触れて読解力をつけていこう、ワガママボーイ!

 

こんなところで、今日の男の子育て雑記終わり。

 

 

 

 

 

 

小1男子とマクドナルド



今日はみんな大好きマクドナルドの話

 

関西ではマクド、関東ではマックと略すけど、関西人の自分は就職で関東に来てしばらくはマクドと言い続けていた。

 

なのに、十数年経ってしまった今や最近マックという方が自然になってしまっている。

 

由々しき事態だ‥‥。

 

関東で生まれ育った我が子ワガママボーイも、当然マックと言ってしまっている。

 

関西の心を失ったわけではない、けど周りにマクドと言ってくれる同士がいないから自然とマックになってしまうんよな、、、許してほしい、関西人のみんな!

 

そうだ、ブログの中では落ち着いてマクドと言える。

 

マクドマクドマクド。よし、なじんだ(!?)

 

 

 

 

さて、先日ワガママボーイと一緒にマクドに行ってきた。

 

彼の選択肢はいつも一択

 

ハッピーセット!のはずだったのに、

 

「今日はいいおもちゃじゃないから、ハッピーセットはやめとく」とのこと。

 

メニューを眺めた末に選んだのは

 

「てりやきチキンフィレオっていうのがいい!」

 

ほうほう。

 

これまでマクドの主食系はチーズバーガー、ハンバーガーしか食べたことのない彼

 

日本のマクドがほこる「てりやき」にどんな感想を発してくれるのか。父としても少しワクワク。

 

父も同じものをチョイス。

 

親子で同じものを食べるのも小さな幸せ。

 

さて、てりやきチキンフィレオをパクっと食べたワガママボーイ

 

感想を待つ間もなく、かなり食い気味に

 

口に入れた瞬間

 

「うんま!…なにこれ!うんま!

 

想像以上に美味かったらしい。

 

そんなに!?っていうくらい、口に入れてから「うんま」の発言が出るまで短くて、びっくりした。

 

なんか相変わらず食べさせがいがある子だ。

 

しかし、また食べさせてしまった。

 

後で縄跳び100回させねば。

 

そんな父の悪巧みも知らずにモグモグニコニコとてりやきチキンフィレオを楽しむボーイを見つめて幸せを感じた今日の男の子育て雑記はこの辺りでおわり。

 

あ、あと関東の人が敢えてマクドっていう時のイントネーションが違う!

関東の人はクドと「マ」にアクセント置いてるけど違うよ!

正しくはやから!

…ふぅ、関西人の心を取り戻せた。(?)

 

それでわー

 

小1男子と「おかわり」

豚汁

爽やか秋晴れ、けど確実に冬が近い空気を感じる今日この頃にこんばんは、ジョータです。

 

今日は我が子ワガママぷにぷにボーイの「おかわり」について。

 

今日の晩御飯の豚汁を食べ終わった彼、

元気に「豚汁、おかわり!」と叫ぶ。

 

うんうん、野菜もいっぱい入ってるし、良いことだ。

 

よそってあげて、それを再び平らげた彼はさらに叫んだ、

「豚汁、おかわり!!」

 

幸い(?)にも豚汁はもうなかった。

 

「えーーー」と不満を漏らす彼を見て、驚く少食の父。

 

おやつも結構食べてたのに、よく食べれるな、、、。

 

そんな彼に給食はどのくらい食べるん?おかわりもするん?と聞いてみた。

 

「うん、するよ。毎日おかわりしてる

 

毎日!?みんなしてるん?

 

「うーん…10人くらい。でも最近はしない日もあるかな。おかわりに飽きた

 

飽きた!?飽きとか関係あるん!?

 

彼と話をしていると、驚きがいっぱいだ。

 

学校のことをなかなか話してくれないから、参観日とかあったら超行きたい。

 

なのに絶対「ママがいい!」なんて言うんだろう。

 

男親は切ないもんだ。

 

まあ、今日も公園で彼と戦い(ごっこ)をした。

 

これはママサイドにはできない遊びだと、変に対抗してみたところで、今日の漢の子育て雑記終わり。